一番安い単身の引越しができる引越し業者比較サイト

home > 引越しの豆知識 > 安いけど大丈夫?単身で引越し業者を使う時の注意点

安いけど大丈夫?単身で引越し業者を使う時の注意点

単身者の人が引越しをする際、今までは従来の引越と同様にトラックに荷物を詰め込んで引越しをしていましたが、一人暮らしではどれだけ荷物が多くてもトラックが満杯になることはまずありません結果余計な出費がかさみ、業者に頼むと高い印象がありました。
しかし、近年単身者向けに専用のパックが登場し、とても安い料金で日古紙をするかが可能になりました。距離と荷物の量にもよりますが、場合によっては1万円程度で日古紙が可能です。単身者にはとてもうれしいこの単身者サービスを行う日古紙業者ですが、サービスを受ける前に注意しておいてほしいことがいろいろとあります。これから開設する注意点をよく理解して単身者パックを有効的に活用するようにしましょう。

注意点を考える前に単身者パックの仕組みを簡単に説明します。単身者パックは専用のコンテナに引越しするために持っていく荷物をまとめ、トラックに載せて引越し先まで運ぶという方法です。従来の引越しと違う点はトラックが貸し切りではないという点です。
引越しの荷物はほかの荷物と一緒に詰め込むので、人件費など、引越にかかるコストを大幅に削減することが出来ます。Sの結果料金をとても安くできています。単身者パックを業者に頼む前に中止しなければいけないこと、それは引越しの時に持っていく荷物の量です。専用のコンテナに荷物が乗らない場合、コンテナをもう一つ用意することとなります。コンテナには種類がないので、どんな場合でも用意するコンテナは全く同じものです、つまり料金が倍になるという事です。
料金が倍になるとさすがに通常の引越しと値段はそれほど変わらなくなる場合も多いです。時には不通に引越しした方が安くなることもあります。逆に荷物が少なすぎる場合、この場合も逆に高くつくことも考えられます。先ほども書いた通り単身パックのコンテナは専用のものなンド絵、どれだけ荷物が少なくても同じコンテナを使うことになります。極端に荷物が少ないのであれば日古紙業者に頼むよりも自分で荷物をまとめて宅急便で送った方が安くすみます。ただしこの場合家電などは自分で運ぶ必要があるので注意しましょう。

最後に少しでも安く業者に頼みたい場合は日古紙をする時期を考慮しましょう。引越しは時期によって価格に大きな開きがあります。
時期を繁忙期以外にするだけでどんな節約術よりも引っ越し料金を安くすることが可能です。ここでいう繁忙期とは人の移動が多い1月から4月にかけてです。

カテゴリ

PAGE TOP